Home > inove活動紹介>大学連携

プロジェクト演習&PBL発表会が開催されました

平成30年1月24日に岩手県立大学のアリーナにて岩手県立大学ソフトウェア情報学部プロジェクト演習、

情報学研究科(大学院)のPBLの最終成果発表会が行われました。

プロジェクト演習には滝沢市企業振興課が大学卒業後の若者定住に関する課題提供者として参加しました。

PBLに関してはイノベーションセンター入居企業、盛岡近郊の企業様から「企業アドバイザ」として

各グループに1人社会人が参加し、ビジネス的、社会人的な目線からアドバイスをし、

研究の精度を高めたりプロジェクトの進捗管理などにについて指導を行ったりしました。

どちらも学生ならではの面白い発表もあり、色々と気付かされることもありました。

学生のみなさんは実践的な学習の経験をこれからの人生に活かしてほしいと思います。

これからもイノベーションセンターはこのように大学の授業に積極的に参加していきたいと思います。







PBL企業アドバイザとの打ち合わせを実施

平成30年12月6日水曜日に第2イノベーションセンターで岩手県立大学ソフトウェア情報学研究科の授業

PBL第3回企業アドバイザとの打ち合わせが実施されました。

イノベーションセンターに入居する企業を中心とした県内企業の方が学生で構成される各プロジェクトに対して

「企業アドバイザ」としてプロジェクトを進めるうえでのアドバイスを行います。

1月末には成果発表が行われるため、学生はとても集中してます!








「システムデザイン実践論」が実施されました。

8月24〜30日まで岩手県立大学の授業である「システムデザイン実践論」が実施されました。

イノベーションセンター入居企業3社+県内企業1社の保有技術を利用して

馬っこパークいわての利用者が増加するためのシステム開発に取り組み、

30日にイノベーションセンターで成果発表会が実施されました。

デモを用いたり工夫しながらそのグループも5日間の成果を発表していました

イノベーションセンターでは引続き岩手県立大学と連携する取り組みを実施していきたいと思います。




平成28年度PBL最終成果発表会が開催されました

平成29年2月15日滝沢市IPU第二イノベーションセンターを会場に、岩手県立大学ソフトウェア情報学部による平成28年度PBL(Project Based Learning)最終成果発表会が開催されました。

今年度は新たな取り組みとして、滝沢市IPUイノベーションセンター入居企業の方を企業アドバイザとして迎え、学生の取り組みを支援する形式で進めておりました。

今回の最終成果発表会では、学生によるプレゼンテーションとデモが行われ、プロジェクトの成果を発表しました。参加14チームの中聴講者の投票により、最優秀賞1チーム、優秀賞2チームが表彰を受けました。

最優秀賞

「Bluetooth Low Energy を用いた新しいコミュニケーション方法の提案」

優秀賞

「個人の体格に合わせた服飾推薦システム」

「全方位カメラを用いたインターネット生放送システムの実装」


Page top