投稿者「tiic」のアーカイブ

今年もイノベスキーツアーを開催しました。

平成31年2月10日に
毎年恒例のイノベスキーツアーを今年度も開催いたしました。

今年は安比高原スキー場で開催したところ、天候にも恵まれ
スキー場は長蛇の列となっておりました。

リフト券購入+レンタルで計2時間を要するなど滑り出しに時間はかかりましたが
楽しく一日を終えることができました。

夜は安比ロッキーインで暖炉を囲みながら懇親会を開催しました。

IoT&ヘルスケアセミナーが開催されました!

「IoT&デジタルヘルスケアセミナー」(主催:いわて医療機器事業化研究会、いわて組み込み技術研究会、滝沢市)が
2月15日にIPU第2イノベーションセンターで開催されました。
本イベントは、第一部「IoT」と第二部「デジタルヘルスケア」の二部構成。
第一部では、IoT機器の普及に伴うセキュリティの重要性についてや、先進事例の発表について、第二部ではヘルスケア分野でのIT技術の活用などについて講演が行われました

CoderDojo滝沢#11

平成31年2月17日 第11回目となるCoderDojo滝沢が開催されました。
Ninja8名 保護者6名、メンター3名、後援の滝沢市さん2名、見学2名、計22名の参加でした。
宮古から参加の方もおり、県内全域に広がりを見てています。

次回3月はまだ調整中です。決まり次第お伝えしますので募集開始までしばしお待ち下さい。

(申込み多数のため受付を終了と致します)【ビッグルーフ滝沢開催】『親子プログラミング体験教室②in滝沢~初級編&応用編~』を開催します!

この度、市では、㈱NTTドコモ東北支社の協力のもと、『親子プログラミング体験教室②in滝沢~初級編&応用編~』を開催します。

本教室は、小学生と保護者(未就学児や中学生の兄弟姉妹も一緒に参加可能)を対象に、㈱NTTドコモ東北支社法人営業部 ICT街づくり担当 阿部(あべ) 智(さとし) )氏を講師に、初級編では、タブレットを用いたビジュアルプログラミング言語ビスケットによるプログラミングを体験、応用編では、ビスケットを使用し、ゲームの仕組みを考え、新しい技を習得し、ゲームを作ってみるコースになります。
小学生のお子様と親子で参加をお待ちしております。小学校の先生方もぜひご参観ください。

【開催概要】——————————————————————
『 親子プログラミング体験教室②in滝沢~初級編&応用編~ 』
(詳細は別添チラシをご参照ください。)
日時:平成31年3月28日(木)
①初級編 10時30分~12時00分
②応用編 13時30分~15時30分
※どちらかを選択 (どちらも可)
場所 ビッグルーフ滝沢
参加:無料・先着25組(1回あたり)
※参加申込みにつきましては別添チラシによりメールまたはFAXにてお願いします。
——————————————————————————
↓チラシのダウンロードはコチラから↓
チラシ・申込書(PDFファイルが表示されます。)

お問い合わせ先は、滝沢市経済産業部企業振興課(担当:山本)までお願いします。
電話:019-656-6536(課直通番号)

株式会社ゴーイング・ドットコムさまの立地調印式が開催されました

1月23日にスマートフォン向けアプリケーションなどを開発する株式会社ゴーイング・ドットコムさまが
この度イノベーションパークの企業立地協定を締結し、立地調印式が開催されました。
イノベーションパークの立地はアルチザネットワークス様、テムテック研究所様に続いて3社目となります

同社はIPUイノベーションパーク約2500平米を取得し、事業所を建設し、9月の完成予定となっております。
本垰社長は「IT業界は人手不足が続くが、県立大学の優秀な人材確保が期待できる」とお話していました。

「IoT&デジタルヘルスケア」セミナーを開催いたします。

県内ものづくり企業や医療現場等の生産性向上に繋がるIoT等の活用のための「IoT&デジタルヘルスケア」セミナーを開催いたします。
AI、IoT、ロボット等先端技術の活用により、様々な現場が大きく変わろうとしてます、これらの生産性向上につなげるためにIT技術はどのように貢献できるか、様々な分野におけるソフトウェア利活用の展望について講演となります。

みなさまのご参加をお待ちしております。


◇主催等
[主催] いわて医療機器事業化研究会、いわて組込み技術研究会、滝沢市
[共催] 岩手県、(公財)いわて産業振興センター、(一社)組込みシステム技術協会

◇開催日時・場所
[日時 平成31年2月15日(金)13:30~17:30(17:45~交流会・2,000円)
[場所] 滝沢市IPU第2イノベーションセンター

◇内容
【第一部・IoT】
(1) 講演1 (13:35~14:35)
演題:「IoTに潜むリスクの認識と安全安心の実現に向けた対策」
講師:(独)情報処理推進機構 社会基盤センター産業プラットフォーム部 宮原真次 氏
(2) 講演2 (14:35~15:20)
演題:「IoTを活用したサービス開発の挑戦と課題」
講師:IT検証産業協会 技術委員会 大濱裕史 氏
㈱シリウス1 代表取締役 竹田邦雄 氏
(3) 講演3(15:20~15:50)
演題:「IoTビジネス共創ラボとMicrosoft Azureではじめる簡単IoTのご紹介」
講師:東京エレクトロンデバイス㈱ クラウドIoTカンパニー
エンベデッドソリューション部 茂出木裕也 氏、EC技術本部  大堀敏樹 氏

【第二部・デジタルヘルスケア】
(4) 講演4(16:15~17:00)
演題:「ヘルスケアITベンチャーとして生き残りー地域課題解決がキー」
講師:㈱アルム メディカルICT事業部 コンサルティンググループ
マネージャー 吉田健士 氏
(5) 講演5(17:00~17:25)
演題:「マウスピース型リアルタイム咬合力センサの開発」
講師:岩手県立大学 ソフトウェア情報学部 講師 佐藤永欣 氏
(6)情報提供(17:25~17:30)

◇お申し込み
下記お申し込み用紙に必要事項を明記の上、申込書記載の宛先までFAXにてお申し込みください。

お申し込み用紙

【ビッグルーフ滝沢開催】『中小企業の働き方改革セミナー in 滝沢市』を開催します!

この度、市ではリコージャパン㈱岩手支社の協力のもと、『中小企業の働き方改革セミナーin滝沢市』を開催します。
本セミナーでは、いわて働き方改革アワード2016最優秀賞を受賞したリコージャパン㈱岩手支社の実践事例を紹介いただき、中小企業の働きやすい魅力ある職場環境づくりや意欲・能力を発揮できる職場づくりについてご講演をしていただきます。リコージャパン㈱岩手支社 支社長の仁井健二氏より実践事例を交えてご講演をいただき、また、TV会議システムでViCreA盛岡を中継したライブプレゼンもあります。講演後には個別相談時間もございます。
企業の皆様の多くのご参加をお待ちしております。

【開催概要】——————————————————————
『 中小企業の働き方改革セミナーin滝沢市 』
(詳細は別添チラシをご参照ください。)
日時:平成31年2月14日(木)
16時00分~17時15分
※質疑応答 17時15分~17時30分
場所 ビッグルーフ滝沢
参加:無料・先着50名
※参加申込みにつきましては別添チラシによりメールまたはFAXにてお願いします。
——————————————————————————
↓チラシのダウンロードはコチラから↓
チラシ・申込書(PDFファイルが表示されます。)

お問い合わせ先は、滝沢市経済産業部企業振興課(担当:後藤、山本)までお願いします。
電話:019-656-6536(課直通番号)

Scratchを開発している MIT メディアラボのライフロング キンダーガーテングループの方を招いて指導者向けワークショップを開催します

この度、滝沢市でScratchを開発しているマサチューセッツ工科大学メディアラボのライフロング キンダーガーテングループの村井裕実子さんをお招きして指導者向けのワークショップを開催いたします。

Scratchは2020年プログラミング教育必修化に伴い、教育現場で最も使われると予想されており全世界で3000万人、国内では30万人を超えるユーザーがいます。
村井さんが国内に来る滅多にない機会に、年明け新たにリリースされる「Scratch3.0」を一足先に体験したり、幾つかのアクティビティを通して、Scratchの設計思想に込められた教育理念「クリエイティブラーニング」の4つのP(プロジェクト、パッション、ピアーズ、プレイ)について学ぶことで、クリエイティブラーニングをどうすれば教育現場に活かしていけるのか、また、どうすれば教育者や学習環境のデザイナーが共に学び続けられるのかを考えましょう。

ワークショップの参加以外にも自治体職員、教育関係者等の見学大歓迎です。
※本ワークショップは、直接的な授業やワークショップのやり方やノウハウを伝える目的のものではありません。


◆村井裕実子氏 プロフィール◆
(ライフロング・キンダーガーデン 創造的思考力を育む4つの原則 紹介文より)
慶応大学メディアデザイン研究科修士課程、コロンビア大学ティーチャーズカレッジ博士課程を経て2016年春よりマサチューセッツ工科大学メディアラボ博士研究員。デジタルテクノロジーを使った学習環境づくり、特にピア・ラーニングにおける自信ややる気の仕組みについて研究している。現在ものづくりを通して学ぶクリエイティブ・ラーニングを実践する教育者やデザイナー、
保護者のためのオンラインまたはハイブリッド学習コミュニティづくりに取り組んでいる。
参考URL https://learn.media.mit.edu/lcl/


ーーーーーーーーーーーーーー開催内容ーーーーーーーーーーーーーーーーー
【日時】:12月26日(水)18:00〜20:00
※終了後 懇親会を予定しています。詳細決まり次第お伝えします。

【場所】:滝沢市第二イノベーションセンター

【定員】:先着16名  (他自由見学可)

【持ち物】:WiFi接続可能なノートPC
※事前にscratch3.0β版(https://beta.scratch.mit.edu)にアクセスし動作確認をお願いします。

【申し込み方法】
参加希望、見学希望ともに、以下フォームより事前アンケートにご回答の上お申し込みください。

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScP-lkE9XX_Nx18GWWCKjxRrlG1IjfDWGZKRe2_AAFhaWEUWQ/viewform

主催:滝沢市 協力:codeMo (CoderDojo滝沢)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コンピュータサイエンス教室を開催します。

小学生・中高生を対象としたコンピュータサイエンス教室を開催いたします。
この教室は、岩手県立大学ソフトウェア情報学部と協力し、周辺地域の小学生へ
コンピュータサイエンスについての興味関心を持ってもらうことを目的とした取り組みです。
たくさんのご参加をお待ちしております。


小学生向けコンピュータサイエンス教室

【対象】 小学4〜6年
【定員】 各12名
【参加費無料】
【申し込み】
この申し込みフォームより必要事項を記載の上、申し込みを行ってください。
後日発送の確認のメールをもって、受付とします。受付は先着順です。

[1] カードゲームでロボットレース ―ロボット操縦できるかな―

日時   12月26日(水)10:00〜12:00
場所   ソフトウェア情報学部A棟203室
担当教員 猪股俊光
自動運転の車はどんなプログラムで動いているのでしょうか。そのしくみをロボットレースをしながら学びます。このレースでは,ロボット(盤面上のコマ)への命令(前へ進め,右向けなど)が書かれたカードを使って周回コースを走行する早さをきそいます。同じ手札であっても,組み合わせ方や並べ方でロボットの動きは違ってきます。相手よりも先にゴールするためのロボットの操縦法を考えることを通じて,プログラミンの能力を身につけることができます。
【参加費無料,教材持ち帰り可,パソコンを使わない学習法,当日の持ち物:筆記用具】

[2] 0と1の不思議な世界―コンピュータを探検しよう―

日時    12月26日(水)13:30〜15:30
場所    ソフトウェア情報学部A棟203室
担当教員  猪股俊光
コンピュータの中に入り込んだら何が見つかるでしょうか。コンピュータはどうやってプログラムを実行しているのでしょうか。コンピュータの中は0と1の不思議な世界でできています。0と1で動いている部品の働きを明らかにする探検の旅にでましょう。パソコン、ゲーム機、スマホなど世の中のすべてのコンピュータが動くしくみが理解できるようになります。
【参加費無料,教材持ち帰り可,パソコンを使わない学習法,当日の持ち物:筆記用具】

[3] コンピュータは「ことば」で動く ―「ことば」を学んでプログラミング―

日時    1月7日(月)13:30〜15:30
場所    メディアB棟コンピュータ演習室2
担当教員  猪股俊光
コンピュータはプログラムどおりに動きます。そのプログラムは(コンピュータが理解できる)「ことば」で書かれています。コンピュータの動かし方は、すべて「ことば」で書かなければなりません。その「ことば」を学び、コンピュータを思い通りに動かせるようになりましょう。
【参加費無料,教材持ち帰り可,パソコンを一部使用予定,当日の持ち物:筆記用具】


中高生向けコンピュータサイエンス教室

【対象】 中学・高校生
【定員】 各20名
【参加費無料】
【申し込み】
この申し込みフォームより必要事項を記載の上、申し込みを行ってください。
後日発送の確認のメールをもって、受付とします。受付は先着順です。

[A] 関数プログラミングに挑戦 ―世界は関数でできている―

日時    12月27日(木)10:00〜16:00
場所    共通講義棟108室
担当教員  山田敬三
自動運転車、スマートフォン、ゲーム機、自販機など、世の中の多くの製品はプログラムで動いています。これらのプログラムは「関数」の集まりでできています。本講座では関数を数理的な考察の対象として、関数のもつ可能性について考えるとともに、関数によるプログラミングを体験します。
【参加費無料,資料当日配布,パソコンを使わない学習法,当日の持ち物:筆記用具】

[B]  計算のしくみを探究 ―プログラミングの基礎の基礎―

日時    12月28日(金)10:00〜16:00
場所    ソフトウェア情報学部A棟204室
担当教員  猪股俊光
コンピュータはなぜ、四則演算、平均値計算、最大値検索などの計算ができるのでしょうか。本講座では、コンピュータが計算するしくみを明らかにします。その中では、限られた命令だけをもつ仮想コンピュータを考えながら、計算できること・できないこと、計算手順の善し悪しなどについて考察します。
【参加費無料,資料当日配布,パソコンを使わない学習法,当日の持ち物:筆記用具】

[C]  論理プログラミングへの招待 ―推論するAI―

日時    1月7日(月)10:00〜16:00
場所    共通講義棟108室
担当教員  山田敬三
現在、AI(人工知能)とよばれているのは多数の事例から一般的な規則や知識を得る手法によるものです。これに対して、知識(前提)と推論規則から新たな知識(定理)を導く(推論する)手法もまたAIの一種です。このような推論によるプログラミング(「論理プログラミング」とよばれる)を本講座では学びます。
【参加費無料,資料当日配布,パソコンを使わない学習法,当日の持ち物:筆記用具】

プログラミングで“つくる”をまなぼう!を開催しました

ビジュアルプログラミング言語「scratch(スクラッチ)」を用いてプログラミングでものづくりを体験するイベント「プログラミングで“つくる”をまなぼう!」が、12月2日にビッグルーフ滝沢で開催されました。初心者と中級者のコースに合わせて人の小学生が参加。自分のアイデアを形にしていく楽しさを感じながら取り組んでいました。
終了後には、岩手大学(エンピット)プロジェクトの大学生による成果発表会が行われ、子どもたちは色々な技術に目を輝かせていました。

※enPiTとは
「成長分野を支える情報技術人材の育成拠点の形成」のことで、文部科学省の事業です。大学・企業の協力体制のもとで推進されるリアリティの高い講義や演習など、特色あるプログラムを通じて実社会においてイノベーションを起こすことができる人材の輩出を目的としています。