Scratchを開発している MIT メディアラボのライフロング キンダーガーテングループの方を招いて指導者向けワークショップを開催します

この度、滝沢市でScratchを開発しているマサチューセッツ工科大学メディアラボのライフロング キンダーガーテングループの村井裕実子さんをお招きして指導者向けのワークショップを開催いたします。

Scratchは2020年プログラミング教育必修化に伴い、教育現場で最も使われると予想されており全世界で3000万人、国内では30万人を超えるユーザーがいます。
村井さんが国内に来る滅多にない機会に、年明け新たにリリースされる「Scratch3.0」を一足先に体験したり、幾つかのアクティビティを通して、Scratchの設計思想に込められた教育理念「クリエイティブラーニング」の4つのP(プロジェクト、パッション、ピアーズ、プレイ)について学ぶことで、クリエイティブラーニングをどうすれば教育現場に活かしていけるのか、また、どうすれば教育者や学習環境のデザイナーが共に学び続けられるのかを考えましょう。

ワークショップの参加以外にも自治体職員、教育関係者等の見学大歓迎です。
※本ワークショップは、直接的な授業やワークショップのやり方やノウハウを伝える目的のものではありません。


◆村井裕実子氏 プロフィール◆
(ライフロング・キンダーガーデン 創造的思考力を育む4つの原則 紹介文より)
慶応大学メディアデザイン研究科修士課程、コロンビア大学ティーチャーズカレッジ博士課程を経て2016年春よりマサチューセッツ工科大学メディアラボ博士研究員。デジタルテクノロジーを使った学習環境づくり、特にピア・ラーニングにおける自信ややる気の仕組みについて研究している。現在ものづくりを通して学ぶクリエイティブ・ラーニングを実践する教育者やデザイナー、
保護者のためのオンラインまたはハイブリッド学習コミュニティづくりに取り組んでいる。
参考URL https://learn.media.mit.edu/lcl/


ーーーーーーーーーーーーーー開催内容ーーーーーーーーーーーーーーーーー
【日時】:12月26日(水)18:00〜20:00
※終了後 懇親会を予定しています。詳細決まり次第お伝えします。

【場所】:滝沢市第二イノベーションセンター

【定員】:先着16名  (他自由見学可)

【持ち物】:WiFi接続可能なノートPC
※事前にscratch3.0β版(https://beta.scratch.mit.edu)にアクセスし動作確認をお願いします。

【申し込み方法】
参加希望、見学希望ともに、以下フォームより事前アンケートにご回答の上お申し込みください。

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScP-lkE9XX_Nx18GWWCKjxRrlG1IjfDWGZKRe2_AAFhaWEUWQ/viewform

主催:滝沢市 協力:codeMo (CoderDojo滝沢)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー