その他」カテゴリーアーカイブ

「Pythin Boot Camp in岩手」が開催されました

6月23日(土)に一般社団法人PyCon JP主催によるPythonプログラミング教室「Python Boot Camp in岩手」が開催されました。

講師は同法人のディレクターである鈴木たかのり氏です。

民間企業に勤める社会人に加え、岩手県立大学、産業技術短期大学といった学生にも多くご参加いただきました。
参加者のおよそ半数がPythonに触れたことがなかったこともあり、
どの方も講師、TAに積極的に質問をしたり、参加者同士で教えあったりと熱心に勉強会に参加されていました。

ネットワーク勉強会が開催されました

株式会社サステナ様によるネットワーク勉強会が開催されました。

このセミナーはサステナ様の社内勉強会でしたが、イノベ入居企業様向けにも公開したものになります。

内容はイーサネット、TCP/IPをもちいたレガシーネットワークの基本について

三井社長よりご説明いただきました。

イノベーションセンター企業の皆様からもたくさんの受講者に来ていただきました。

岩手インフォメーションテクノロジー株式会社さまが「地域未来牽引企業」に選定されました

4月14日(土)に「地域未来牽引企業サミットin会津若松」が開催され、
地域未来牽引企業に選定された滝沢市内企業である
「岩手インフォメーションテクノロジー株式会社」さま(本社:滝沢市IPU第2イノベーションセンター内)
の阿部考志代表が選定書を受領しました。

※地域未来牽引企業サミットとは・・・地域経済を牽引する企業さまや支援機関の方々が情報交換や交流の場として、経済産業省が開催するもの。

サミットでは各種テーマごとの講演のほか、岩手インフォメーションテクノロジー株式会社さまが地域未来牽引企業として選定され、世耕弘成経済産業大臣との記念撮影を行いました。

岩手インフォメーションテクノロジー株式会社様含め、今後の市内・県内の企業さまの更なる発展を願っています!!

「岩手わかすフェス」に出展してきました!

 


「岩手わかすフェス」に出展してきました!
平成30年1月20日(土)に東京都大手町で”超岩手なイベント”「岩手わかすフェス」が開催されました。
その中で滝沢(イノベーションセンター)を舞台に色々な働き方について「超会議」を行い
滝沢市に関連する方々や入居企業の方々をゲストに、参加者も交えて色々な働き方について話し合いをおこないました。

当日はイノベと東京を中継し、距離を”超”越して岩手との会議を行いました。
「岩手わかすフェス」に出展してきました!
平成30年1月20日(土)に東京都大手町で”超岩手なイベント”「岩手わかすフェス」が開催されました。
その中で滝沢(イノベーションセンター)を舞台に色々な働き方について「超会議」を行い
滝沢市に関連する方々や入居企業の方々をゲストに、参加者も交えて色々な働き方について話し合いをおこないました。

当日はイノベと東京を中継し、距離を”超”越して岩手との会議を行いました。

平成30年度第3回組込み技術研究会が開催されました

平成30年度第3回組込み技術研究会が開催されました

平成30年1月12日にIPU第2イノベーションセンターで第3回組込み技術研究会が開催されました。

今回は島根県松江市よりNPO法人Rubyプログラミング少年団 理事長の高尾宏治さまを講師として迎え、

今後の人材育成等に関する内容のご講演をいただきました。

また、平成29年12月に開催された中高生国際Rubyプログラミングコンテストにおいてクリエイティブ部門最優秀賞

を受賞された千田小百合さんより受賞作品の紹介もしていただきました。

 

『第3回 いわて組込み技術研究会』

日時:平成29年1月12日(金)15:00~17:10

場所:滝沢市IPU第2イノベーションセンター

内容

■市講演①『開発言語rubyを中心とした産業振興と人材育成に関する島根県の取組紹介』 (15:05~15:50)

NPO法人Rubyプログラミング少年団 理事長 高尾宏治 様

■講演②『今後のIT人材育成の在り方』(15:50~16:35)

株式会社ピーアンドエーテクノロジーズ 代表取締役 大関一陽 様

■成果発表『Ultimus』(16:45~17:00)

県立盛岡農業高等学校 3年 千田小百合 様

■メッセージ『次世代への提言』(17:00~17:10)

NPO法人Rubyプログラミング少年団 理事長 高尾宏治 様

 

滝沢市IPUイノベーションフォラム2016兼平成 28 年度第 3回「 組込み技術研究会 」開催

滝沢市IPUイノベーションフォラム2016兼平成 28 年度第 3回「 組込み技術研究会 」開催

12月8日に第2イノベーションセンターにて滝沢市IPUイノベーションフォラム2016兼平成28年度第 3回「 組込み技術研究会 」が開催されました。

 

滝沢市IPUイノベーションフォーラム2016兼平成28年度第3回組込み技術研究会をイノベーションセンターで開催しました。

プログラミング言語「Ruby」の生みの親であるまつもとゆきひろさんから開発言語Rubyの話しだけでなく、

イノベーションに関するお話や地方における産業振興のお話もして頂きました。

また、滝沢第二中学校の科学技術部の生徒の中高生国際Rubyプログラミングコンテスト優秀賞3連覇に導いた

岩手県立大学i‐MOSのRubyプログラミング教室の話しや顧問の先生の話も聞けました。

科学技術部の生徒のプレゼンもあり、約130名の方々に参加頂き、とても充実したフォーラムが開催できました。

今回のフォーラムは学生の参加がとても多く、まつもとさんのお話を、目を輝かせながら聞いている姿が印象的でした。

 

【開催日】平成28年12月8日(木)15:00~17:30

【会場】滝沢市IPU第2イノベーションセンター ホール

【主催】岩手県、岩手県立大学、いわて産業振興センター

【挨拶】15:00~15:05 滝沢市長 柳村典秀

【講演】15:05~17:30

情報提供 「ソフトウェア関連人材育成への取り組み」(15:05~15:25)

岩手県 商工労働観光部 ものづくり自動車産業振興室

滝沢市 経済産業部 企業振興課

 

【基調講演】 『開発言語「Ruby」を中心とした産業振興と人材育成』(15:25~16:25)

一般社団法人Rubyアソシエーション 理事長 まつもと ゆきひろ 様

‐休憩-(16:25~16:35)

【事例紹介】 (16:35~17:00)

事例①「いわてものづくり・ソフトウェア融合テクノロジーセンターの取組み」

岩手県立大学 研究・地域連携本部 プロジェクト研究員 福原和哉 様

事例②「成果発表」

滝沢第二中学校 科学技術部

【メッセージ】 『「Ruby」の展望と次世代への提言』(17:00~17:25)

一般社団法人Rubyアソシエーション 理事長 まつもと ゆきひろ 様

 

Inove活動紹介

人材育成の取り組みについて

イノベーションセンターではITのみならず

滝沢の発展・人材育成につながる各種セミナーを開催しております。

また、イノベーションセンターを使用してのセミナー等の開催も歓迎しております。

過去のセミナーなど

 

 

イノベーションセンターは「CoderDojo滝沢」の開催の協力を行っています。

「CoderDojo」は子どもたちのためのプログラミング道場です

2011年にアイルランドから始まり、2017年には全国で115ヶ所以上、

世界では1,600以上の道場が定期的に開催されています。

CoderDojoは子ども達がやりたいことを自ら考え、

自由にプログラミング学習や制作ができる場です。

大人は何かを教えるのではなく、自発的に考えたり、

子ども達で協力し合う手助けをする形で進めていきます

イノベーションセンターではこの活動に協力し、月1回程度イノベでの開催を行っています。

 

詳しくはこちら↓

共同研究

滝沢市では、市内に事業所がある企業が共同研究を行う際の支援制度として滝沢市産学共同研究事業費補助金を創設しています。

下記リンク先の内容をよくご理解の上多数の提案・応募をお待ちしております。

※平成29年度分は終了致しました。

 

・滝沢市産学共同研究事業費補助金(産学共同研究に対する補助金)

平成29年度滝沢市産学共同研究事業費補助金公募要項

滝沢市産学共同研究事業費補助金交付要綱


大学連携

イノベーションセンターでは、入居企業様と協力して、学生の育成事業をサポートしております。

これまでの活動はこちら

いのべサロンについて

運営協議会

滝沢市IPUイノベーションセンター運営協議会は滝沢市IPUイノベーションセンターの運営の円滑化を図るため設置されました。

協議会の構成組織は、滝沢市・岩手県立大学・入居企業となっております。

 

協議会規約は下記のとおりです

滝沢市IPUイノベーションセンター運営協議会規約.pdf

 

岩手県立大学との相互連携に関する協定について

滝沢市は平成21年5月15日(金)に岩手県立大学と相互連携協定を締結しました。

主な連携項目は以下の通りです。

1)滝沢市IPUイノベーションセンターの運営

2)岩手県立大学と市内企業等との共同研究、研究成果実施化など産学官連携推進

3)岩手県立大学学生と市内企業等との教育・研究等交流の推進

4)滝沢市IPUイノベーションパーク整備計画の推進

5)その他両者が必要と認める地域経済の発展と大学の教育・研究活動の推進に寄与する事業